ハーブ検定種類情報

ハーブ検定の種類


図1


ハーブ検定には、「ハーブ検定(1級、2級)」「日本ハーブ検定」「メディカルハーブ検定」 の3種類があります。
どれもハーブに関する基礎知識を問う試験ですが、別の団体が主催しており、出題内容や資格取得後のサポートなどにそれぞれ独自性があります。 3検定の特徴と資格の活かし方についてお伝えします。

ハーブ検定(1級、2級)

日本で最初に行われたハーブ検定です。日本ハーブセラピスト協会が主催しています。ハーブ検定には、1級と2級があります。 他の2検定との違いは、記述式問題やハーブティーの試飲による実技試験も行われることです。


検定料:1級、2級とも 8,640円(税込)
出題形式:選択式と記述式、試飲による実技試験
試験時間:60分
合格ライン:70~80%程度


対策
検定公式テキストと問題集及びハーブキット(実技試験対策)を公式サイトより購入できます。これらのテキストの中から出題されます。


図3


資格を活かすには?
ハーブセラピストとして、日本ハーブセラピストの会員になると、ハーブセラピスト初級講座(検定2級対応)および中級講座(検定1級対応)開講やサロン開業のサポートを受けられます。
ハーブセラピストになるには、まずハーブ検定1級を取得し、上級講座を受講後、検定試験に合格することです。

ハーブ検定販売サイトへ

メディカルハーブ検定

日本メディカルハーブ協会主催の検定です。メディカルハーブとは、健康の維持・改善のために使われるハーブです。医療従事者や福祉関係で働く人が多く受験しています。


検定料:一般 6,480円、学生割引 4,536円
出題形式:マークシート方式(60問)
試験時間:70分
合格ライン:非公開


対策
メディカルハーブ検定公式テキストより出題されます。公式サイトより購入できます。


図2


資格を活かすには?
メディカルハーブ検定を持っていることで、医療、介護の現場で活躍できます。ハーブの専門家よりも、その他のスキルと併用することで活かすことができます。

ハーブ検定販売サイトへ

日本ハーブ検定

日本ハーブ振興協会主催。ハーブ初心者向けの検定です。


検定料:5,000円
出題形式:選択35問
試験時間:45分
合格ライン:非公開


対策
日本ハーブ検定試験対策ポイント集で対策出来ます。公式サイトより購入できます。


資格を活かすには?
ハーブの知識を活かして、アロマやハーブ専門店で働いたり、ハーブスクールの講師として活躍できます。

ハーブ検定販売サイトへ

ハーブ検定の選び方


メディカルハーブ検定
医療や介護の現場で働きたい方、ハーブを通じて健康になりたい方におすすめです。



日本ハーブ検定
ハーブの基礎から習得したい方、難易度の低いハーブ検定を求めている方に最適です。



ハーブ検定(1級、2級)
ハーブティーを楽しみたい方やハーブを自分や家族のの生活に役立てたい方におすすめです。また、サロンの開業や講座の開講を目指す場合は、サポートしてもらえるのも大きなメリットです。

このページでは、商品の種類、効果、激安情報、返品・返金保証の有無、トライアルセットやトライアルキットがあるかについてお伝えしていく予定です。送料無料か手数料無料かについても言及し、お得でおすすめできる理由を解説していきます。また、楽天での販売状況や、人気ランキング、@コスメでの口コミやレビュー、Naverまとめの記事も検証し、レポートしていく予定です。CMや雑誌などのメディア掲載商品については、その人気の秘密に迫っていきます。その他に、使い方、使用方法、選び方、飲み方、塗り方については、しっかり解説し、副作用についても言及していきます。最後に、類似品との比較を行い、それぞれの商品のメリット、デメリットも取り上げます。

クリック